INFORMATION

〒151-0063 東京都渋谷区

富ヶ谷1-2-11 代々木ヘキサビル 1F

Tel/Fax  03-3460-0655

東京代々木公園近くにあるイタリア料理店。

本場の数々の名店で修行した夫と、都内のイタリア料理店で学んだ妻が、

千葉県我孫子で自ら育てる野菜・厳選食材・こだわりワインを中心に、
お客様に肩肘張らず楽しんで頂けるお店を目指しております。

シェフの主な職歴

植村慎一郎
1974/2/1兵庫県加古川市生まれ
幼少期は、兵庫県川西市で育ち
小学校からは滋賀県大津市で育つ。
小学校から高校卒業まで
ラグビー一筋。

中学時代は、滋賀県選抜に選ばれ
滋賀・京都の強豪高校からお誘いあれど、
全て男子高校と言う理由から
ラグビー弱小滋賀県公立高校に進学
地元滋賀県の高校卒業後

美術で才能ありと勘違いし、
美術大学受験も失敗。

1浪し再受験も失敗

親に頼み込んで
大阪のデザイン学校に進学・卒業後

卒業作品展で
佳作に
入選してしまい調子に乗る。

その勢いのまま
大阪でインテリアデザイナーの道に進むも挫折し(社会の現実に直面し、逃げるようにして退職、その後数社で働くもやはり退職。情けない)、
東京のデザイン事務所に入るべく(自分の実力不足のせいでは無く、大阪という土地柄が俺様の才能を駄目にしているのだ!と、何の根拠も無く大阪のせいにして、現実逃避・若気の至りスミマセン)、
俺様が勝負事するのは、やはり東京と、更に馬鹿に拍車かかり、たまたま上京資金を貯める為、地元滋賀県のイタリア料理店ジョルナータで皿洗いのアルバイトを始める。
が、そこで、恩師加藤シェフ(多分日本で一番料理と食材を愛する料理人・私の人生が変わる料理を作る人)に出会い衝撃をうける!
イタリア料理・レストラン業の魅力に取り憑かれのめり込む、ジョルナータの加藤シェフの下で気がつけば5年働き、2番シェフになった後、

本物のイタリア料理やイタリアワインとは何か?等若い料理人に有りがちな夢(全ての人では無いです)を見たくなり

料理やワインの基礎も出来ていないのに、勢い余って渡伊してしまう(この時に大事にしていた自家用車を売って資金にするも、足りずに親の脛をかじる)。

◆イタリア時代。
普通ならば
何のコネクションも無い、田舎出身若造の料理人は入れない店に熱意だけでアポイントし、イタリア語も、ろくに喋れないのに、何とかポジションを勝ちとる。

それが

当時のイタリアレストラン
ナンバーワン(今だにそうですが)と言われた
ダルペスカトーレ(三つ星/ミシュランガイド)のレジェンドシェフ、ナディア・サンティーニ氏(本当に素晴らしい料理人)の元、前菜とデザートの責任者や伝統料理の料理長補佐を任せられ(軽く私の自慢はいりました。)、現在の当店ダルマテリアーレのメニューに反映されてます。

ダルペスカトーレで過ごした日々は、
今だに、私、誇りです。

だから、当店の名前
ダルマテリアーレにしました。

更に
リストランテ・ガンベロ・ロッソ(イタリアレストランナンバーワン獲得。レストランガイドブック、ガンベロロッソやイギリスの世界のレストラン格付けガイドブック等)
レジェンドシェフ、フルビオ・ピェール・アヲジェリーニ氏(本当に天才!料理・調理にかんしてのストイックさは、凄い!)の元で、魚料理やメインの肉料理の補佐を任されて(また、自慢はいりました)現在の当店に反映。

更に更に
イタリアワインの名産地
ピエモンテ州のモンフェッラート地区
トスカーナ州のボルゲリ地区
アルトアディジェ州のボルッアーノ地区

等の地区の名店レストラン
(私ワインも分かるアピールはいりました。当時は実際にワイン畑を見ても良く理解できませんでしたが…、今の知識でもう一度行きたい!)

で修行(本当にラッキー)。

帰国後(更にラッキーは続いて)

東京丸の内の丸ビル最上階

ミラノに本店を持っていた元三つ星レストラン

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ東京に入店。
二年間の内、これまたリゾットのスペシャリスト・レジェンドシェフ・エティオ・サンティン氏の元、パスタ・リゾット・肉料理を担当。

特に、手打ち生パスタやリゾットは

グランシェフ、エティオ・サンティン氏の技術を受け継ぎ(また、自慢(´ー`)スミマセンどーしても褒めて欲しくて…。)、当店の料理に反映。

その後

東京タワーのふもと
麻布のリストランテ・キリアの料理長に就任し、カリスマ料理専門誌において、2004年の日本の注目若手イタリアンシェフ8人の一人に選ばれる(これまたラッキー)(自慢がしつこくなってきました)。

2006年
独立し、代々木公園近くの代々木八幡富ヶ谷に当店ダル・マテリアーレを開店。

東京レストランガイド2007に
今年の注目店として取り上げ頂き

その他
雑誌・メディアにも取り上げて頂き

数々のイタリア料理界の
レジェンドシェフの料理感やテクニックを
受け継ぎ(誰も褒めてくれないので、最後まで自慢アピールしてみました。が結局凄いのは、私の師匠達で、私はミシュランガイド星無し(笑))

天狗👺になって
肝心のお客様ないがしろ時代に突入!

俺様料理で、せっかく楽しみにして
ご来店頂いたお客様を失望させる。

反省し、再起を図り

2017年
自信満々でソムリエ試験に挑戦するも
不合格。

イタリアとフランスワインにかんしては
95点だから!
後料理人の得意分野の衛生法が
2017年から無くなったから

不合格になった!と、


訳の分からない言い訳するも、

家族(妻・娘・息子)に
唖然とされるも

ワインの勉強をしっかりした事に
自信満々。

かと言って次回のソムリエ試験を受ける
勇気無く

現在に至る。(オープンから現在までにご利用頂いた全ての皆様や、支えくれたスタッフ、先輩・元同僚・後輩・親族・家族全ての方に感謝です。)これからも皆様よろしくお願いします。

【イタリア】

 「リストランテ ダル ペスカトーレ」

 (ロンバルディア州)

 (ミシュラン★★★)

その他

 アルトアディジェ州

 カンパーニャ州

 ピエモンテ州など5店で勤務

 (全てミシュランの星付き店)


【東京】

 「アンティカ オステリア デル ポンテ」(丸の内)